おでこニキビと生活習慣の関係

おでこニキビでお悩みの皆さん、
ひょっとして甘いものや脂っこいものを食べ過ぎていませんか?

おでこニキビができる原因を知れば事前対策もできますね!
ではまず、おでこニキビができる原因を探ってみましょう!

ニキビとは皮膚が炎症を起こしている状態。

それはアクネ菌の分泌量が増えるためです。
具体的に言うと、肌がテカリやすいといった脂性の肌や、汗をかきやすい体質といった肌質。
つまり皮脂の分泌量が増えてしまうことが問題なのです。
原因を知ったところでアクネ菌の分泌を抑えるための肌質改善について学びましょう!

まずは代謝を促すのに効果的なビタミンの摂取を心がけることです。
ビタミンB2は脂質と糖質に、ビタミンB6はタンパク質、ビタミンAは肌の老化、ビタミンCはコラーゲンを作り出す上に抗酸化もしてくれます。
これらのビタミン類、しっかり把握できたでしょうか?
もちろん、糖分たっぷりのあまーいお菓子や脂こってりのお肉などの過剰摂取はNGです!
お酒の量もほどほどに。食生活はバランスが大切ですね。
養バランスの改善と同時に気をつけたいのが生活習慣。
夜遅くまで起きていませんか?
睡眠不足は疲労につながりますが肌にとってもダメージ大です。
寝る時間が少ないと肌はストレスを感じて雑菌をさらに繁殖させてしまうのです。
さあ、今日からさっそく早寝早起きの生活に切り替えてみましょう!
そして適度に身体を動かすこともお忘れなく!

食生活、生活習慣の改善ポイントは掴めましたね。
それではお肌のケアについて見てみましょう。第一に過剰な洗顔は御法度です!
というのも皮脂が少なくなると身体は皮脂が不足したと認識してもっと皮脂を分泌せよ!
と指令を出すのです。
そのため、鏡を見るたびに脂とり紙でテカリを抑える、ということも逆効果になってしまうんですね。

おでこニキビの原因になるとはいえ、適度な量の皮脂はやはり必要です。
肌をこすらず適度な回数の洗顔(一日に一度程)、
そして保湿作用のある化粧水や乳液で皮脂とお肌の水分バランスを整え保ちましょう!

軟毛性毛包とおでこニキビの関係

皮脂分泌が活発なおでこは身体の部位でもニキビができやすいところです。

毛穴に皮脂が詰まりやすくアクネ菌が増殖して炎症を起こすためです。
ということは、おでこニキビには毛穴が関係していそうですね。
毛穴について詳しく調べてみましょう。

毛穴には、脂腺性、終毛性、軟毛性毛包と大きく分けて3種あります。
では、各自詳しくみてみましょう。

まず、脂腺性毛包です。
この毛穴は深く、二つあり、脂腺部が比較的大きく、毛は細くて短いのが特徴です。
角質が厚くなって皮脂が詰まりやすいためニキビが出来やすいです。
顔面から下おへそあたりまで、また背部もこの毛穴です。

次に、終毛性毛包です。
この毛穴はニキビができにくいです。
特徴は毛穴が小さいため皮脂分泌が少なくそのため皮脂が詰まりにくいです。
毛の育成が活発でそのため毛穴に詰まりかかっている皮脂を外に出してくれます。
髭が生える部分や頭部がこのタイプの毛穴です。

最後に、軟毛性毛包です。
軟毛ということで産毛が生える腕や下背部、太ももや臀部、手足の甲のあたりの毛穴です。
脂腺は狭く、軟毛のため皮脂を持ち上げるには十分な力がありません。
保湿ケアが十分でないと水分不足で毛穴がごわつきニキビの原因になることも。

一番目にあげたおでこの毛穴タイプである脂腺性毛包にニキビはできやすいです。
顔だけでなく胸部にもニキビができることがあります。

けれど、とりわけおでこを含むTゾーンはさらにニキビが出来やすいと言えます。
逆に手や足など皮脂分泌があまりされないような毛穴の部位にはニキビはできません。

おでこニキビのケアをするなら皮脂膜形成作用に注目しよう!

正しい洗顔方法でその後の適切な保湿といったデイリースキンケアはおでこニキビを防ぐためにとても大切なことです。

洗顔料のバリエーションは幅広く、メイク落とし用からニキビ予防、治療用など色々あります。
洗顔料の市場は女性向けのものが大半をしめていますが、ここ数年は男性用の種類もだいぶ増えてきました。
選択肢が豊富であればあるほど自分の肌に合った正しい洗顔料を選び、正しい洗顔をするということが大切になってきます。
間違った洗顔では皮膚を傷つけてしまうのです。

実は元々、私たちの肌は特別なスキンケアをしなくても健康でいられるように機能するのです。
それは常在菌や汗をかくこと、皮脂膜形成作用、皮膚呼吸や体温を一定温度に保とうとする機能のおかげです。

これらたくさんの機能が私たちの身体には備わっているのです。
ですからスキンケアという外からのケアは、これら本来の身体機能を向上させてくれるようなものがいいですね。

洗いすぎない、ということも私たちができるスキンケアの努力の一つです。

強い洗顔料は必要な皮脂と共に肌に必要な細菌までも落としてしまいます。
これでは肌のバランスが崩れてしまいます。
スキンケア製品を購入の際は油脂の成分など配合成分に気をつけてください。

肌荒れになった場合は使用をすぐに中止し、成分を再度確認してください。油脂系が関係していることが多々あります。

さらに、最近スクラブ剤を含む洗顔料をよく見かけますが、
スクラブで強く肌をこすると肌を傷つけてしまう恐れがあります。

強い刺激で角質層がはがれて肌荒れの原因になります。

その他、洗顔の際は洗顔料をきちんと洗い流し、おでこやこめかみ、首筋などに洗顔料が残らないよう注意しましょう。
洗い残しがあると、洗顔料に含まれる油分が毛穴を塞いで皮脂の詰まりの原因になります。

肌を清潔にするための洗顔なのにこれでは意味がありませんね。
以上、これらのことにぜひ気をつけてみてください!

本来の身体機能アップでおでこニキビをケア!

あなたの肌はきちんと呼吸していますか?

Tゾーンであるおでこは皮脂分泌が活発なためニキビができやすく、
特に成長期である思春期ごろからおでこニキビが目立ち始めます。

もちろん、成長期を過ぎ成人後もおでこニキビができることがあります。
ホルモンバランスの崩れで皮脂分泌が過剰になってアクネ菌が繁殖してしまうのです。

あるいは、加齢とともに身体の代謝がうまく循環せずに毛穴に角質等の汚れが溜まってしまい、
その結果、肌の老廃物をえさとしているアクネ菌の増殖につながってしまうのです。

その他にも過度のストレスなど様々な理由があげられます。

そこで、おでこニキビのケアとして、今回は皮膚呼吸に注目してみたいと思います。

元々、皮膚は呼吸することで毛穴にたまった老廃物を外に排出し、肌バランスを維持しています。

皆さん誰もがもっている本来の機能です。
加齢と共にこのスキンケア機能は衰えてゆきます。

ということは、
この本来人間がもっている機能を低下させない努力をすることでおでこニキビ対策を取ることができますね。

こちらがその低下した機能を高める、あるいは低下予防の方法です。

まず第一に洗顔のやり方です。
毛穴の通気をよくすること。
清潔に保つこと。

つまり毛穴に角質や老廃物が詰まったままの状態にせず、日々の汚れをしっかりと落とすことです。
マッサージによる血行促進やリンパの流れを良くすることは毛穴の正常な呼吸にも効果があります。

マッサージをするときは、首からアゴへとゆっくり優しく汚れを落とすイメージでしてみてください。

顔が暖かくなるのを感じたら、血のめぐりがよくなった証拠です。顔色も良くなるでしょう。
これで、本来備わっているスキンケア能力はだいぶ向上しますよ!

私たち本来の能力、体温維持機能をアップしておでこニキビとさよなら

おでこニキビを治療するために化粧品や用具など主に外的手段を頼ってばかりの方は一度思い直していただきたいのです。

私たちには元々身体の内側から美を作り出す機能があるのです。
これが自然治癒力でありホメオスタシスです。

後者は恒常性という意味です。
子供の頃に転んで軽く膝の皮がむけてしまったことはありませんか?
よく思い出してみてください。
放っておいた傷口が気づいたら治っていたってことはありませんか?
これがまさに自然治癒力なのです。

すりむけた皮膚のあとにできた新皮は柔らかく輝きがあります。
これは私たちが本来から供えているスキンケア機能です。

これが恒常性、ホメオスタシスです。
それは生まれ変わろうとする皮膚のようにどんなことがあっても身体の各機能は元々のように機能し続けようとするのです。

わかりやすい例では、冬場など寒い日には血行が良くなります。
これは体温維持機能です。血行を促進して寒くなった身体を温めようとするのです。

他の例では飢餓状態にある場合、
入ってきた限りある少ない栄養分で身体の各機能が働く様に栄養吸収の調整を自然にしてくれます。

美容サロンでは痩身施行がありますが、
これはまさにホメオスタシスの効果を狙ったものです。

栄養素バランスやカロリー計算などされた食事を摂取することで身体機能を増しダイエット効果を上げます。

いかがでしょうか。
私たちには元々その環境に適応するような能力が備わっているのです。

その機能を活かして、
身体をあえて少し苦しい状態にもっていきホメオスタシス効果を狙うことは様々な面においてなされています。

おでこニキビの治療にも応用されています。
外の力に頼らず自分がもっている本来の力でおでこニキビの治療ができるのはいいですね!

サルチル酸に注目!おでこニキビに適したケミカルピーリングがおすすめ

皮脂量が多くなって過剰に分泌されると毛穴に皮脂が詰まってしまいます。

するとアクネ菌が活発になって肌に腫れ(炎症)を起こします。

これがおでこニキビのメカニズムです。

おでこのニキビというと思春期を想起させますが、成人後しばらくしてからでもおでこニキビができることもあります。

もちろん成長期をだいぶ過ぎてできたおでこニキビも原因は同じです。

皮脂の過剰分泌に加えて生活習慣の乱れ、過度のストレス、ホルモンのバランスが影響することもあります。

様々な要因からおでこニキビはできてしまいます。

食生活面を見直してみると、欧米化が進んだ現代の食生活は一般的に脂こってりでカロリーの高い食事を取る回数が増える一方で、野菜やビタミンを含んだ食材の摂取が減っています。

また現代の生活習慣は、早朝出勤や夜勤などの勤務シフトが多様化したため、社会人の生活習慣は乱れやすく、それゆえに睡眠不足を伴ったり、ストレスも溜まりやすくなったり、といわれています。

これらが肌に及ぼす影響とは?ホルモンバランスの乱れです。

そしてそこから皮脂分泌が過剰にされておでこニキビをできやすくしてしまうのです。

ですから、おでこニキビの治療としては今現在の生活習慣を見直すことです。

ストレスはありませんか?早寝早起きしていますか?

もちろん、デイリーケアである基礎化粧品なども気を配ってください。

ニキビ用化粧品でおでこニキビ治療や予防を心がけるのも大切ですね。

また、専門医での治療としてケミカルピーリングという手段もあります。

一般的にグリコール酸やサルチル酸が投与されます。

グリコール酸とはフルーツから抽出される成分です。

サルチル酸は人工的な薬剤です。

後者は皮膚に残ったふるい角質層を溶かしてくれるため、非常に高いピーリング効果が望めます。

もちろん人それぞれでおでこニキビの状態は違うと思いますが、おでこニキビの治療やニキビ痕を消すにはサルチル酸のピーリング効果が有望なようです。

エアコンのせい?おでこニキビと乾燥肌の関係

冬場のカラカラに乾いた空気は喉を痛める原因にも。

でもそれだけではありません。

そうです、乾燥はおでこニキビにも悪影響。

なぜなら、私たちの身体は皮膚が乾燥している時に肌に潤いを与えようとして皮脂の分泌を過剰にするのです。

そうすると毛穴に余分な皮脂が詰まって炎症し、それがニキビとなります。皮脂分泌の乱れがニキビができる一つの大きな原因になります。

もちろんそれだけではなく、様々な要因があっておでこニキビができることが考えられます。

その中で乾燥によるおでこニキビがあります。

肌は乾燥のためにつっぱるほどの感じなのに白ニキビがポツポツと出て来ることが。。。

他の肌の部分は乾燥しているのに一部に白ニキビができるのは、潤い欠乏のしるしです。

おでこの端などは乾燥しやすい部分でもあるので正しいスキンケアで潤いをきちんと与えてあげましょう。

ところで、乾燥は気候のせいだけでなく、エア•コンディショナーが原因であることも考えられます。

冬は寒く夏は暑い日々の中、エアコンは生活に欠かせないものですが、空気を乾燥させてしまうというデメリットもあるのです。

エアコンは大気にある空気を元に設定温度に従って空気を部屋へと送ります。

しかし大気には水蒸気が混じっており、エアコンはこの水蒸気を還元することができないため部屋にある空気がどんどん乾燥してしまうのです。

エアコンがかかっている部屋に長時間いて、肌が乾燥したという経験はありませんか?

認識できなくてもエアコンの風で肌は乾燥するのです。

多数が働く職場という環境では、人間が吐き出す二酸化炭素が空気中に多くあるため、さらに乾燥が増します。

そのため、エアコンがかかっている部屋では乾燥対策の強化をおすすめします。

携帯用容器などにお気に入りの化粧水を詰め定期的に保湿をするなどいかがでしょうか。

香りの良い化粧水だと気分転換にもなって一石二鳥。

エアコンのある部屋ではおでこの乾燥ニキビケアを特に注意!

乾燥は大敵!おでこニキビとオイリー肌の関係

実はオイリー肌で悩んでいる方は少なくありません。

顔のテカリだけでなく、髪の毛や地肌が脂っぽかったり、きちんとシャンプーしていてもフケが気になる、という脂性肌の方は多いんです。

オイリー肌だと顔がテカリやすく化粧崩れが気になりますね。

そしておでこニキビもできやすくなります。

全ては過剰に分泌される皮脂のせいです。

おでこニキビはアクネ菌が過剰に分泌された皮脂をえさとして繁殖し、そのため炎症をおこしている状態です。

テカリが気になるからといって、過剰に洗顔をしたり、あぶら取り紙で頻繁に皮脂を吸収すると、身体は皮脂が足りていないと勘違いをして、さらに過剰に皮脂を分泌しようとするのです。

また、過剰に皮脂を落とすため、肌には必要な量の皮脂が残らずに、常に乾燥した状態を引き起こします。

これをオイリードライ肌とか脂性乾燥肌といいます。

その他の弊害として、肌を傷つけてしまう、ということがあげられます。

洗顔するたびに、そしてあぶら取り紙を使用するたびに、一日に何度もおでこに触れるわけです。

そうすると肌をこすったり強い刺激を与えるため、物理的に肌を傷つけることにもなります。

というわけで、過剰、あるいは間違ったスキンケアをしていると乾燥肌になってしまうおそれもあるし、肌を傷つけてしまう可能性もあります。

適度な回数で適切な洗顔料でのスキンケアを心がけましょう。

さらに、オイリー肌と食生活は関係しています。

脂のこってりのったお肉の食べ過ぎに要注意です!

もちろん生活習慣の見直しもお忘れなく。

睡眠不足やストレスやホルモンのバランスに気をつけてください。

正しいスキンケアに加え、食生活、生活習慣、トータルでの改善、見直しをしてゆきましょう。

またここに?おでこニキビができる場所

おでこニキビはTゾーンの皮脂の分泌が増える思春期からでき始めるのが一般的です。

もちろん、思春期のおでこニキビが完治したのにも関わらず、成人してからでもまたおでこニキビができることがあります。

なぜならおでこニキビができる原因は複数あるからです。

例えばホルモンバランスの崩れ。

ホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌量が過剰になります。

また、ストレスや生活習慣の乱れなども影響します。

まったく同じ箇所に何度も繰り返しできてしまう大人になってからのおでこニキビもあります。

やっとおでこニキビが消えた!と思ったら数週間後に全く同じ場所におでこニキビが、、、なんてことは珍しくありません。

実はおでこニキビのケアに秘密が隠されています。

おでこニキビの治療薬を患部に塗りますね。

同じところに同じ様に何度も繰り返し使用しているうちに、徐々に治療薬の効果が薄れてきます。

肌が薬に慣れてゆくのです。

これは通常の肌の状態ではありません。

それでは、同じ場所に何度もおでこニキビができてしまう理由はなんでしょうか?

実はリンパが影響しています。

過剰に分泌された皮脂や古い角質などが毛穴に詰まったせいで、アクネ菌が活発になって炎症をおこしておでこニキビとなります。

リンパの流れが停滞していると、老廃物の巡りが悪くなって排出されることなく身体に積もってゆきます。

その流れをスムーズにするためにリンパマッサージをするのがおすすめです。

色々あるリンパマッサージですが、おでこニキビに効果のあるものをご紹介!

まず、指をおでこの中心におきます。

そこからこめかみを通って耳まできたら、下方鎖骨へと指を移動。

このパターンも何回か繰り返します。

溜まった老廃物を流すイメージで優しく指を動かしてみてください。

リンパの流れを良くしてしつこいおでこニキビとさよならしたいですね!

パウダーファンデでおでこニキビを目立たなくしよう!

憂鬱なおでこニキビを隠すのにパウダーファンデーションを使用するのは当然です。

けれど注意してほしいのはパウダーの粒子です。

細かい粒子のものを避けて、オイルカットのファンデーションを選ぶようにしましょう。

ただ、オイルカットのものだと肌に馴染まず、乾燥も手伝ってファンデーションが浮いてしまうことがあります。

そのため、お化粧前の保湿を忘れずにしましょう。

ファンデーションが粉を吹いているように見えるのを防ぐポイントはここにあるのです。

さらに、保湿が十分であれば化粧崩れも防げます。

それではお化粧前の保湿の仕方をご案内。

まず、朝の洗顔後に化粧水の導入を促進させるブースターを使ってみましょう。

その後の化粧水の浸透率がグッとあがるのを感じるでしょう。

さらにその後パックをしましょう。

コットンやシートマスクに普段使っている化粧水をたっぷりしみ込ませてそのまま顔にONして10分くらい待つだけ。

ちなみに、化粧水はス分補給率の高いオイルフリーのものがおでこニキビにはおすすめです。

これだけで肌には水分がかなり吸収されています。

そこで少量の乳液で肌に油膜を張って水分を閉じ込めるのです。

そしてしばらく待ちます。

ここで数分の時間をあけることが化粧崩れを防ぐコツなのです。

というのも、まだ乳液のオイルが肌に吸収されきれていないままパウダーを塗ってしまうと、オイルと粉が混じってダマになってしまうのです。

ですから乳液を塗って数分後に、油分の少ない下地を塗り、そしてその後にパウダーファンデーションをはたきます。

厚塗りにならないようにご注意を。

軽くパウダーをはたいてあげてください。

こうすることでおでこニキビと他の肌の部分に均一にパウダーファンデーションが広がります。